クリーンディーゼルのマツダ!

09.18


ロータリーエンジンのマツダから・・・



クリーンディーゼルエンジンのマツダへ!



DEMIO-618x437.jpg



「クリーンディーゼルエンジン」搭載車第一号は日産のエクストレイルでした・・・



マツダは2012年2月のCX-5に2.2Lの「SKYACTIVE-D」を搭載して以来、アテンザ、アクセラと搭載し、予約受注を開始したデミオには1.5Lディーゼルを用意しています。



国内累計10万台を達成した「SKYACTIVE—D」搭載車は、CX-5の導入から2年7か月で累計10万325台となり、10万台の大台を突破しました。





SKYACTIVE-D-300x225.jpg





2013年のクリーンディーゼル市場のじつに6割にあたる約4万5000台が「SKYACTIV-D」搭載車だそうです。



、「SKYACTIVE—D」をおさらいすると、どこがスゴイのか? マツダでは以下の点を特徴と挙げています。



●従来のディーゼルエンジンと比較して約20%の燃費改善

●低速から高速までスムーズでリニアなレスポンスと、低速域の大幅なトルク向上の実現

●高価なNOx後処理装置なしで、グローバルにおける排出ガス規制をクリア



「SKYACTIVE-D」の高評価としては以下のような声が多いようです。



「驚くほど燃費が良い」、「燃料代が半分になった」、「加速が気持ちいい」、「合流の不安や坂道のストレスがなくなった」、「運転が楽しい」、「ついつい遠出したくなる」、「生活が変わりドライブが楽しくなった」





恐るべきマツダ クリーンディーゼルエンジン!



クリーンディーゼルにお乗りの方・・・是非お声をお寄せください<(_ _)>



高価売却を実現! みんクル無料掲載へエントリー!

久留米 中古車
掲載


みんクル

愛車を掲載依頼

愛車掲載フォーム

中古車を探す!

久留米中古車

他オークション出品

ヤフオク出品 中古車オークション出品

オークション相場

中古車オークション出品
ページ上部へ戻る